So-net無料ブログ作成

遺伝子組み換えの実験マウス逃がす(産経新聞)

 文部科学省は14日、遺伝子組み換え実験用のマウスを逃がしたとして、北海道大学(札幌市)を厳重注意した。すでにマウスは捕まっており、被害は報告されていないという。

 また、同省はこの日、実験で使った洗浄液を化学処理せず廃棄したとして、製薬会社「エーザイ」(本社・東京)も厳重注意した。

 同省などによると同大大学院生が今年1月8日、動物実験室で、遺伝子組み換えマウスを使った実験を行ったところ、マウス32匹中1匹が容器から逃げ出した。同大関係者らが翌日、逃げたマウスを発見し、捕まえた。容器のふたがきちんと閉められていなかったことが逃亡の原因だという。

 エーザイは平成14年から同社研究員が実験機器を使って、遺伝子組み換えウイルスが含まれている可能性のある液体を使った研究を実施。同機器を洗うための洗浄液を化学処理せず廃棄した。その後、同社が廃棄した洗浄液を調べた結果、ウイルスは検出されなかったという。

【関連記事】
遺伝子組み換え米、中国市場に流通? グリーンピース調査で発覚
害虫ウンカに吸われると…イネの抵抗力アップ
青いバラ 文化の薫り高く夢を実現
米国トウモロコシ、遺伝子組み換え8割超
サル遺伝子組み換え 慶応大など成功 難病解明に光
少子化を止めろ!

<自民党>青木氏の長男後継を河野太郎氏が批判 指摘で撤回(毎日新聞)
<不法投棄>容疑で6人逮捕 田畑に産廃3万トン 愛知(毎日新聞)
インフル定点、2週連続で減少(医療介護CBニュース)
<もんじゅ>また警報数回 原因調査始める(毎日新聞)
<食中毒>「くら寿司」京都外大前店、3日間の営業停止(毎日新聞)

<アカヤシオ>ピンクの大波…三重・御在所岳(毎日新聞)

 三重県菰野町の御在所岳(1212メートル)の頂上付近一帯が、ツツジの一種「アカヤシオ」の花でピンクに染まっている。

 ふもとから山上へのロープウエーを運営する御在所ロープウエイによると、今年は4月中旬に中腹で開花し、“ピンクの花前線”が山頂に向かって上がり始めたが、下旬に冷え込んだため8合目(1000メートル)辺りで一時足止めとなった。このため山頂付近への到達は例年より1週間ほど遅れたという。

 見ごろは今月半ばまでで、その後、純白のシロヤシオが咲き始める。【井上章】

【関連ニュース】
ビタミンGウオーキング:花めで眺望満喫 御在所岳2680メートルのコース /三重
企画展:著書や絵、写真で作家・岡野薫子さん紹介−−菰野町図書館 /三重
憂楽帳:山小屋再び

主力品の伸長もライセンス収入の減少で減収―旭化成・医薬事業(医療介護CBニュース)
東京都心で震度3(時事通信)
増額分、全額現金は見送り=子ども手当−民主研究会が報告書(時事通信)
首相、徳之島移転案を表明=3町長は拒否−普天間移設(時事通信)
GWの高速、今年も大渋滞=アクアラインは「800円」効果−道路各社まとめ(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。